HOME > Hopeブログ > 成績が上がらない理由

Hopeブログ

< 自主的な学びとは?  |  一覧へ戻る  |  スマホ問題 >

成績が上がらない理由

塾に通っていてもなかなか成績が上がらない最大の理由、それは「意識」の問題が大きく、そもそもの意識が無いのであれば、塾に通おうが、優秀な先生・講師に指導してもらおうが、全く意味がありません。

当塾では主に下記のステップで指導しております。

Ⅰ.意識改善
Ⅱ.学習の仕方

Ⅲ.学習の習慣付け
Ⅳ.問題での解き方

しかし、多くの個別指導では入塾直後からⅣに重きを置いて、いかに分かりやすい指導をして理解させて点数を取らせるかに力を入れます。


私自身、個別指導で長年に亘って数多くの生徒を指導してきましたが、やはりどれだけ問題での解き方などを時間をかけて教えても、結局は「勉強に対する意識」が希薄であれば、成績も上がらないし、実力もつきません。

学習への意識が希薄とは?

・「中身を理解する」より「終わらせること」を重視する。

・一つでも出来ることを増やそうという意識がない。

・改善点を次に活かそうとしない。

等々があると思います。

学習への意欲が希薄になってしまう原因としては、まさに小学生からの学習習慣です。
普段の学校の宿題やテストにおける目標として100%を目指さなくても、適当にこなしていても、特に何も言われずにそのまま進級していって卒業しますが、もちろん中学生になると授業レベル・スピードが小学生の頃とは異なります。

小学生の時点で学習意識が希薄になってしまった子ども達にとって、中学から早急に改善していこうとすると、それはかなり大変です。
その状態で通塾となると、指導する側も先ずはこちらで決めた学習プランである程度、強制的に勉強をさせていく中で生徒自身の意識の変化を待つしか無く、(個人差はありますが)それなりに時間もかかりますし、忍耐も必要です。

成績を上げていくために、先ずは生徒自身の学習意識の定着は必須条件です。
その為に教室でも生徒とのこまめな会話、テスト終了後の個人面談など、生徒たちにとって何かしらの刺激・きっかけになり得るようなことも今後変わりなく続けていきます。



学習塾Hope
住之江区北加賀屋5-2-9(南港病院向かい)

< 自主的な学びとは?  |  一覧へ戻る  |  スマホ問題 >

このページのトップへ